Isn't She Lovelyで学ぶ、オルタードフレーズの練習をする前に知っておきたいこと【ギターレッスン】

フレーズを覚えて、弾けるようになってからがアドリブの練習の始まり

オルタードフレーズを練習している方で良くあるのが、

「フレーズを練習して、ちょっとペンタとかのアドリブと混ぜてみて、あんまり使いこなせなくて、終了」

というパターンに陥ってしまうケースです。

正直アドリブ練習でのスタートラインで終わってしまうパターンですね!

様々なパターンで当てはめてみることが大切。

オルタード(に限らないけれど)フレーズをアドリブで使いこなせるようになるための練習の、具体的な例をたくさん上げておきます!

・ループの中で練習する(2~4小節で良い)
・音の始まるタイミングを変えてみる
・譜割り(リズムの組み合わせ)を変えてみる
→16分を入れてみる
→3連符を入れてみる
・強弱/アクセントを変えてみる
・前後のフレーズを考えてみる。入り方、終わり方を整える。
・曲の中で使えるか試してみる
・テンポが変わっても使えるか試してみる
・他の曲でも使えるか試してみる

最低でも上記くらいのパターンを試さないと上級者でも、というかプロの人でもあんまり自分のフレーズとして吸収できないんですよね。

フレーズの数を増やすよりも、色んなパターンで、そのフレーズを「育てる」くらいの気持ちでないと、なかなか新しいフレーズをアドリブの中で自然に弾けるようになるのは難しいです。

動画でみっちり解説しておりますので、参考にしてみて下さい!

今回の解説記事の動画→

今回はここまで、、しばらくギターアドリブソロのためのレッスン動画をアップしていこうと思います!スタンダード曲を中心に解説していきますので良かったら見てね~!😊

動画内容の要約、概要

ギターの杉山つよしです。

今日はオルタードフレーズの練習について、うまくいかない人のためのアドバイス動画を撮ろうと思います。初心者から中級者向けで、ジャズ系の方に特におすすめです。

初心者でもオルタードフレーズを練習している方もいるかと思います。しかし、これまである程度アドリブをやってきた上で新しいフレーズを取り込もうとすると、うまくいかない場合があります。そこで、そのような場合についてアドバイスしたいと思います。

最初にお伝えするのは、コピーしたフレーズのニュアンスを真似ることが大前提であるということです。その上で、弾けるようになってから、自分のフレーズで混ぜてもうまくいかない場合のアドバイスをお届けします。

まずは、ループを組んで練習することが重要です。基本的には2小節から4小節のループを組んで試してみましょう。フレーズ自体を少しずつ崩して、自分のフレーズとなじませるようにしてください。例えば、始まりの音を変えてみたり、終わり方を変えてみたり、フレーズが始まる前の音を考えてみたりすることが大事です。これによって、自分のフレーズに徐々に馴染んでいくでしょう。

慣れてきたら、4小節のループを試してみましょう。そして、曲全体で練習することもできます。ちなみに、G#7からC#mへの流れでもB7からEM7への流れでも、どちらでも使えるフレーズです。

最初は音数少なくてシンプルなフレーズから始めて、前後のフレーズを作ってみたり、フレーズが入るタイミングを変えてみたりすることが大切です。これらのことをしっかり行うことで、自分のアドリブフレーズに徐々に馴染んでいくことができます。

今回は理論的なことは置いておきましたが、今後もオルタードフレーズの練習に取り組む際には、ぜひ参考にしてみてください。

/記事作成 杉山つよし 志木、新座、朝霞のギター教室

この記事を書いた人

ギタリスト 杉山つよし

20歳からプロ活動を開始、24歳でJAZZトリオでグランプリ(埼玉県知事賞)を獲得。25歳の時よりギタースクールTSGを設立、運営。

20代の頃からギター教則本の執筆を行い、近年は作曲/編曲などの音楽制作、TVドラマ、ニュース番組、アニメ主題歌、CM、ゲームミュージックなど様々な録音に参加。自身のギター作品の発表などの活動も行っている。

志木、新座、朝霞のギターレッスンの申込みはこちらから!

志木、新座、朝霞のギターレッスンに関する記事

TSGブログ
人前で演奏することが、最もギターの上達につながる理由!【モチベーションの作り方】
TSGブログ
【注意!】ギター初心者が絶対に避けるべき、上達のタメの3つの注意点!【ヤバい注意点】
TSGブログ
初心者こそ知っておきたい!ギターが上達しない原因は「セットアップ」にあった!?
TSGブログ
【意外と多い!?初心者がギターを挫折してしまう理由】 1年後にはギターソロをガンガン弾けるようには、、なりません!?
TSGブログ
佐野市のギター教室 「オリジナルを作るために、コピーをすることが大切!?」【ギターコラム】体験レッスン実施中♪
TSGブログ
大山のギター教室 「ギターのセットアップ(セッティング)って大事??」【ギターコラム】体験レッスン実施中♪

お電話でのお申込みはこちらから♪050-3479-1357※事前にメールを頂くと確実です♪

体験レッスンに申し込む お気軽にお問い合わせください。
下井草のギター教室
鷺ノ宮のギター教室
新百合ヶ丘のウクレレ教室
百合ヶ丘のギター教室
新百合ヶ丘のギター教室
代々木公園のギター教室
代々木八幡のギター教室
向ヶ丘遊園のギター教室
大田区 武蔵新田 のウクレレ教室
大田区 矢口渡 のウクレレ教室
福岡市 西鉄平尾駅 のギター教室
福岡市 薬院駅 のギター教室
福岡市 JR地下鉄空港線 赤坂駅 徒歩1分 のギター教室
福岡市 渡辺通駅 のギター教室
福岡県中央区 天神のギター教室
福岡市博多区 中洲 中洲川端駅のギター教室
福岡市博多区 博多駅のギター教室
市ヶ尾のギター教室
等々力のギター教室
青葉台のギター教室
高津のギター教室
東松山のギター教室
千鳥町のギター教室
池上のギター教室
下丸子のギター教室
矢口渡のギター教室
武蔵新田のギター教室
下北沢のギター教室
梅ケ丘のギター教室
経堂のギター教室
喜多見のギター教室
生田のギター教室
町田のギター教室
登戸のギター教室
狛江のギター教室
新越谷のギター教室
竹ノ塚のギター教室
北千住のギター教室
梅島のギター教室
西新井のギター教室
亀戸のウクレレ教室
西船橋のウクレレ教室
小岩のウクレレ教室
江古田のギター教室
池袋のギター教室
板橋のギター教室
大山のギター教室
江田のギター教室
宮前平のギター教室
あざみ野のギター教室
都立大学のギター教室
AssH のギターレッスン/ギター教室
日吉のギター教室
品川、高輪台のギター教室
渋谷区幡ヶ谷のギター教室
大田区大森のギター教室
上野のギター教室
笹塚のギター教室
明大前のギター教室
千歳烏山のギター教室
調布のギター教室
代々木のギター教室
大久保のギター教室
中野のギター教室
高円寺のギター教室
阿佐ヶ谷のギター教室
六本木のギター教室
荻窪のギター教室
西荻窪のギター教室
吉祥寺のギター教室
武蔵小金井のギター教室
国分寺のギター教室
国立のギター教室
立川のギター教室
志木、新座、朝霞のウクレレ教室
栃木県小山市のギター教室
佐野市のギター教室
たまプラーザのギター教室
蒲田のギター教室
三田のギター教室
田町のギター教室
溝の口のギター教室
水道橋のギター教室
小岩のギター教室
平井のギター教室
西船橋のギター教室
船橋のギター教室
綾瀬のギター教室
本八幡のギター教室
錦糸町のギター教室
亀戸のギター教室
志木、新座、朝霞のギター教室